--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.08

スコッチクイズ結果発表!

帰国して1カ月もたっちゃったのに、今頃発表ですか~!?(爆)いや、帰国してすぐ発表できなかったのは、賞品も入ってた荷物を一部をパリから郵送していて、着いてなかったのよ~・・と言い訳してみるが、1ヶ月もかかるかよ(笑)!
08013001.jpg

あまりにも昔のことなので、自分が何頭と予想したか忘れた方もいらっしゃると思いますので(笑)、こちらに。
1頭・・・来瑠夢ママさん、レモンさん
2頭・・・sena mamaさん
3頭・・・ジェニママさん、yummyyummyさん、yukiyoさん、さちこさん
4頭・・・京さん
5頭・・・vivianさん、kuriさん
6頭・・・sora-mamaさん
7頭・・・塾長TOMくんさん、らいぐれさん
11頭・・・nanaママさん
もし漏れてる方がいたらごめんなさい!ご一報くださいせ~。

さてバルセロナで1頭見つけましたよね。ではパリではどうだったのか!?今まで載せれなかったパリで出会った犬をご紹介します!

赤い扉と石畳だけでおしゃれに見えるね~!
08010201_20080208000556.jpg

ちゃんとカメラ目線してくれたエアデールくん。
08010202_20080208000603.jpg

キャバリア??
08020105.jpg

ノーリードなのに、ご主人さまお買い物中はちゃんとお外で待っているジャックラッセル。
08020103.jpg

お散歩中にサンドイッチ屋さんからハムをもらっていたこれまたジャックラッセル。
08020104.jpg
バルセロナもパリも日本のように圧倒的に多い犬種っていうのがなくて、強いていえばパリはジャックラッセル率が多かったって感じかな。

ってわけで、パリではなんと1頭もスコッチにあえなかったのだ~~!!私自身もこんな犬王国で会えないなんてびっくりがっかり。やっぱ寒いのと天気悪いのとで、ワンコ出現率が低かったのかも。以前スコッチを連れてきてたセーヌ川沿いの古本屋のおじさんとこも行ったけど「こんな寒いのに連れてきてないよ~」って言われちゃったし!ペットショップのお姉さんに聞いても「スコッチは少ないわよ~」とのことでした。

というわけで正解は1頭でした!!!
正解者は来瑠夢ママさんとレモンさんです!本当は正解者の中から抽選で1名様の予定でしたが、正解者2名なのでお二人にプレゼントさせていただきたいと思います!いや、そんなたいしたプレゼントじゃないんだが・・・(笑)。来瑠夢ママさんとレモンさんメールか管理者のみでのコメントで連絡先を教えてくださいね。残念ながら予想が的中しなかった方も、参加していただいてありがとうございました!今回は1頭しか会えなかったことのリベンジも兼ねてまた海外へ旅立った際(いつだ?!)には、クイズ出題しますので参加してくださいね~!
スポンサーサイト

バルセロナ&パリトラックバック(0)  コメント(22) 

    2008

02.07

パリのワンコ屋さん2

さて3軒目は6区のセーヌ川沿いにあるpinceloupです。ここも2年前行ったことがあるのですが、その時より商品も増えて素敵になってました!
08013003.jpg

商品はかなりの大型犬用も揃ってます。
08013004.jpg

このお店、何がいいって扱ってる商品ももちろんいいんですが、ディスプレイが素敵なのよね。随所にアンティーク犬グッズが上手に飾ってあるの。このスコッチも!
08013005.jpg
しかし非売品(涙)。オーナーのコレクションのようです。
この子も非売品!
08013006.jpg

そして私はまたまた首輪をお買いあげ!(どんだけ~!?)
08013106.jpg
pinceloupオリジナルのとってもシンプルな首輪です。使いこむほど味がでてきそうでしょ?pinceloupマーク入りのかわいい巾着袋に入れてくれました。pinceloupは日本語で発音書くとパンスルー。ここはとってもパリらしいペットショップだと思うので、パリにお出かけの際はおすすめです!pinceloupの一部の商品はY's for living広尾店でも扱っている模様。

日本語でペットグッズをお買い物したい方にはオペラ通りにあるWAFF&MIAOUへ。日本人経営で、商品も盛りだくさんですよ。

さて以上のペットショップではペットグッズのみで、生体は販売していません。ヨーロッパではブリーダーさんから買うのが一般的のようですが、4区のセーヌ川沿い(シャトレ駅辺り)には生体を売っているペットショップも4~5軒あります。そこで寝てた子たち↓
08013108.jpg

↓お店の人が整理中だった「私の健康手帳」(笑)。予防接種の証明とかを記録してあるみたい。
08013107.jpg
当然パリで生体を買ったら連れて帰る手続きが大変だと思いますが、ここには日本ではあまりお見かけしない大型犬の子犬たちもいて、見に行くだけでも楽しいですよ。ただし、生きてる七面鳥(ペット用?食用??)も売ってたりするので、結構強烈な臭いのするお店もありますが(笑)。

あ~あパリを所狭しと歩き回ったのに、これ以上ペットショップは発見できませんでした。フードやちょっとしたものだけを扱っているお店はあるんですけどね。ペットショップの人に「どうしてペットショップがこんなに少ないの?」と聞いたところ「フランス人(この人もフランス人だが)はケチだからペットにお金かけないのよ!」って言ってました(笑)。

バルセロナ&パリトラックバック(0)  コメント(15) 

    2008

02.06

パリのワンコ屋さん

バルセロナでは1軒も見つけられなかったペットショップですが、パリでは3軒行ってきました。つうかパリだったらもっとありそうなもんですが、意外とないのよ。今や絶対東京の方がいっぱいあると思います。

まず1軒目はマレ地区で見つけたBHV LA NICHE。(その名も犬小屋!)
08013002.jpg
こちらはBHVというデパートのドッグ&キャット館です。2年前に来たときはなかったので、新しいのだと思います。犬ベッドやリード、首輪、フード、おもちゃ、キャリーバックなどなどリーズナブルでおしゃれなものを売っています。で、私はこの犬用ランチョンマットと
08013102.jpg

首輪を購入。もちろん青がかみやんで、赤がファーです。
08013103.jpg
これはCHIPIEというブランドのもので、スコッチテリアがブランドマークになっているのだ!むか~し、シピーっていうブランドが流行りませんでした?それなのよ。

そして2軒目はサンジェルマン・デュプレでみつけたUn chien dans le Marais。こちらは以前行ったマレにあるお店の姉妹店。マレの方はほとんど小型犬用しかないのですが、こちらは大きいサイズまでばっちり。でも買い物に夢中になっていて店の写真撮るの忘れた(爆)。こちらでも首輪を購入。
こんな素敵なラッピングをしてくれました!
08013007.jpg

で、首輪はコレ!派手っすか!?(笑)
08013101.jpg
このアルファベットは1文字ずつ売っていて、首輪に通していくの。だから別の首輪にもつけることができます。しかし問題は、首輪をはめたときに文字が首の下に行っちゃって、あんまり見えないジャン(笑)。
08013105.jpg
ちなみに迷彩の首輪が小さいのがなかったからファーにもかみやんと同じサイズにして穴をふたつ増やしてもらったんだけど、やっぱごついわ~。なんかファーちゃん首トレしてるみたいになるのよ(爆)。

マレの方のお店には看板ウサギがいるのよ~ん。お店のドアが開いて出ていったから「あ~逃げちゃう!」って言ったら「外を眺めに行っただけだから大丈夫」と言われ、確かにドアの外でおりこうにたたずんでるだけで、あきたらまた入ってくるのよね~。かわいかった!

3軒目のお店は明日に続きま~す。

<おまけ>
ペットショップではないのだけれど、こんなにかわいいディスプレイが。
08013008.jpg

すごいリアルなのよね~。
08013009.jpg

バルセロナ&パリトラックバック(0)  コメント(14) 

    2008

02.05

パリでの年越し

08012810.jpgヨーロッパではクリスマスは家族と、年越しは友達と派手に騒ぐって感じのようですが、まさにそれを実感!隣のアパートでは23時頃から大音響の音楽をかけて若者達がパーティを始めました。次から次へと客が訪れてきて、相当な人数いたんじゃないかな。こっそり紛れ込んじゃおうかとも思ったが(笑)。でもね、大音響の音楽の中で彼らが曲と共に大合唱してたのが「オーシャンゼリゼ」とアバの「ダンシングクイーン」だったので実は若者ではなかったんじゃないかと思ったりして(爆)。

0時にはバンバン花火が上がり(音だけ聞こえた)、エッフェル塔もスペシャルイルミネーションですごく綺麗だったようです(テレビで見た)。寒くても見に行けばよかったな~!

そして元旦は、さすがにこの日は美術館やらも閉まってるので唯一営業中(?)のエッフェル塔へ行ってみました。みんな年越しはエッフェル塔の下で騒いでたんでしょう、シャンパンボトルがゴロゴロ落ちてました!いや、しかしそんなことよりも、エッフェル塔に登ろうとする人の多さにびっくり!!↓
08012802.jpg
1時間以上待ちですよ!しかも外で。私は初めてパリに来たとき登ったことがあるんだけど、その時なんて全く待たずに登れたよ~~~。
↓エッフェル塔を作ったエッフェルさん。
08012803.jpg
まあこの日は他にどこもやってないってこともあったのかもしれないけど、それにしても今回のパリはやたら観光客が多かった!ノートルダム寺院だって入るのに長蛇の列だし、レストランはどこも満員!観光客もEU圏内の人が多くて、あっちこっちで英語やら、イタリア語やらスペイン語が飛び交っていました!クリスマス休暇で旅行中なのかな?

ゆえにそんなつもりはなかったのに、並んでたらすっかり夜景のエッフェル塔になっちゃったよ。並んでるだけで十分冷え切ったのに、登ったらさらに激寒!
↓エッフェル塔から見た凱旋門。
08012805.jpg

↓セーヌ川。
08012806.jpg

↓エッフェル塔を下から仰ぎ見るとこんな感じ。
08012807.jpg

↓怪しい光線を出してます(笑)。
08012801.jpg
まあ寒いのさえ我慢すれば、夜のエッフェル塔は綺麗なんだけどね。

この日はどうせレストランも休みだろうと、そそくさと帰りテレビ見ながらご飯食べました。するとテレビである人を発見。前日見た年越しトーク番組みたいなのにも出てたんだけど、似ているがまさかそんなはずはと思っていたのだが・・・いや、やっぱりそうだフィリップ・キャンデロロだ~~!!
08012808.jpg
しかもこの↑番組は日本でも久本雅美とお笑い芸人の司会でたまにスペシャルでやってる「歌詞を見ずに1曲歌いきったら100万円」みたいな番組で、歌ってるのよ~!しかも音痴(爆)。キャンデロロったらいつのまに芸能人になってたの~!?荒川静香だってこんな番組には出ないと思うが。ショックじゃ~!
<おまけ>
↓フランス版みのもんた(笑)。
08012809.jpg
「ファイナルアンサー?」は「dernier mot?(最後の言葉)」だった。もんたほど、正解か残念を言うまでの「ため」はなかったよ~(笑)。

バルセロナ&パリトラックバック(0)  コメント(12) 

    2008

01.30

サヴィニャックの街2

砂浜が続くビーチ。夏になれば海水浴客で賑わうのでしょうが、今はみんなお散歩ムードでのんびり。
08012017.jpg

おやじ冷たくないのかっ!?
08012208.jpg

こちらがビーチにあるプロムナード・サヴィニャック!サビニャックのポスターが等間隔で並んでいて、それに沿って海岸沿いをお散歩できるのです!
08012014.jpg

08012408.jpg

30枚ぐらいはあったかな~。
08012015.jpg

全部載っけたいけどそれは無理(笑)。
08012206.jpg

この街にはモンテベッロ美術館というのがあり、サヴィニャックの作品だけを飾った常設展示もあるのですが、開館は夏季(4~9月)のみだけなのが残念だったわ~。
08012207.jpg

海水浴シーズンは犬はこのビーチ入れないようですが、
08012402.jpg

今はワンコ連れもいっぱい!
08012018.jpg

08012409.jpg

08012406.jpg

08012407.jpg

しかし今はこんなのんびりムードですが、この海岸もかつてはノルマンディ上陸作戦が展開された戦地。街も戦禍で徹底的に破壊されたそうです・・・。今では復興した建物がちょうどいい具合に落ち着いてきた感じで、小さいながらも魅力的な街に!アンティークショップやスィーツのお店が軒を並べる路地や、海を望む高台のお家など、サヴィニャックが気に入って、この街に落ち着いたのも納得です。
08012401.jpg

そしてこの町のもうひとつのお楽しみは、捕れたて魚介類!メインストリートに10軒ぐらい魚屋さんが並んでいて、でかいロブスターや蟹、ホタテなどが安いの!
08012204.jpg

私はもちろん生ガキを購入!
08012202.jpg
5キロで16.5ユーロ(2750円ぐらい)!考えられない安さですな~!アパートへ持って帰り、今まで生ガキなんて自分で開けたことのなかった私ですが、X氏が開けてる最中に流血沙汰となったため、私が開けて開けまくりました。すっごい上手に開けれるようになったよ~!

翌日でも生で大丈夫とのことでしたが、生だけでは食きれずバターを入れてオーブン焼きにもしました。これまた旨い!
08012203.jpg
テーブルクロスのシミは水で濡れてるだけで、シミじゃないのよ~!

美味しいモノを食べて、のんびりお散歩して、生ガキまで買って、パリとは違うひとときを過ごせた1日でした。駅前にあったクリスマスツリー。色が変わっていくのが綺麗だったよ~!
08012205.jpg

●サヴィニャックのグッズを買いたい場合は、トゥルーヴィルの観光局へ。観光局以外は置いてるお店はなかった感じです。観光局ではサヴィニャックのポストカードや本、カバンなどが売ってました。

<おまけ>
この日もスコッチにあえなかったけど、すっごい可愛い子を見かけました。ミックスなのかな~?
08012019.jpg

バルセロナ&パリトラックバック(0)  コメント(11) 

    2008

01.28

サヴィニャックの街

31日は私の大好きなフランスのポスター作家レイモン・サヴィニャックがパリを離れ、晩年を過ごした地Trouville-sur-Mer(トゥルーヴィル・シュ・メール)へ行ってきました。ここはモン・サン・ミッシェルと同じくノルマンディー地方にある海沿いの小さな街。パリから直通、時間によっては乗り換えて2時間ほどのところです。駅もこんなにかわいいの。
08012001_20080127143408.jpg

夏は海水浴客で賑わうようですが、冬の間は駅の売店すら閉まっています。がっら~ん!
08012002_20080127143415.jpg

この街ではカモメがカラスと化してゴミをあさっていました(笑)。
08012003_20080127143422.jpg

さてなぜここに来たかったかというと、町中にサヴィニャックの絵があると聞いたからです。この街のマークもサヴィニャックによるもの!これは観光局です。
08012005_20080127143448.jpg

おおっ!確かにあっちこっちにサヴィニャックの絵が!
08012004_20080127143430.jpg

見つけるたびに、キャーキャーうるさい私(笑)。
08012006_20080127143437.jpg

08012007.jpg

↓こちらはホテルFlaubert(フローベル)。
08012008.jpg

こちらはサヴィニャックが御用達だった酒屋さんLa Cave Trouvillaise(ラ・カーブ・トゥルーヴィレーズ)。サヴィニャックの絵のラベルのワインも売ってましたが、高くて手が出なかったのよ~!
08012016.jpg

そしてお昼はサヴィニャックが週2~3回は通ったレストランLes Voiles(レ・ヴォアール)へ。
08012020.jpg

このレストラン、店内はもちろん、
08012011.jpg

メニューも
08012009.jpg

バターまでサヴィニャック!
08012012.jpg

サヴィニャックがお気に入りだったというメニュー舌平目のムニエルを注文。
08012013.jpg

このレストラン、単なるサヴィニャックづくしじゃなく、めちゃくちゃうまいっ!!海沿いの街だけあって、魚介類が新鮮なのは当然なんでしょうが、こんなに旨い舌平目を食べたのは初めてです。メニューの種類もめちゃくちゃ豊富!生ガキやテリーヌなんぞも食べてたんだけど、おいしさにお酒もすすみ、昼真っからワイン2本もあけちゃったよ(笑)。地元の人はもちろん、パリから訪れる客も多いようで、こんな季節はずれのシーズンでも満席でした!

昼食後はプロムナード・サヴィニャックのある砂浜へと向かいました。その模様は明日!

●Trouville-sur-Merへはパリのサン・ラザール駅から直通かLisieuxで乗り換えて終点Trouville-Deauville駅下車。運河を挟んでTrouville(トゥルーヴィル)とDeauville(ドーヴィル)という二つの街が隣り合っているのです。Trouvilleは庶民の保養地で、Deauvilleは高級リゾート地だそうです。
●レストランLes Voilesは駅から海岸へ向かうメインストリートにあります。小さい街なので聞けばすぐわかるかと。人気のレストランなので、絶対食べたい場合は予約した方がいいでしょう。年中無休。Tel02-31-88-15-24or02-31-88-45-85

バルセロナ&パリトラックバック(0)  コメント(11) 

    2008

01.25

蚤の市へ!

ヨーロッパといえば、日曜日にはほとんどのお店がお休みでつまらないのだけれど、パリでは別のお楽しみがあります。それは蚤の市!週末にしか開催されないので、30日の日曜日は蚤の市にLet's go!

今回はずっと行きたかったヴァンフの蚤の市へ行って来ました。
08011901.jpg

ここは古い食器や絵画、置物、レコード、カード、ポスター、キーホルダー、人形(バービーもあったよ~)などなど、私にとっては欲しいモノ満載!しかも町中のアンティークショップより安い!
↓このキャニスターもこれだけ揃っているのは珍しいので欲しかったけど、我慢!
08011903.jpg
でも別のモノ買っちゃったんだけど(笑)。

さすがパリの蚤の市、売る方もお客も犬連れも多いのよ。
08011902.jpg

かっちょいいコートを着ておすまし中!
08011904.jpg
しかしこの日もスコッチに会えず(涙)。

さて、この蚤の市での戦利品です。全部アンティーク!
↓昔のマッチ!すごく絵がかわいいの~!
08012001.jpg

↓昔のレストランやパブのキーホルダー。真ん中はブラック&ホワイトです!
08012004.jpg

↓やかん。ちゃんと使えるの。でも使わないけど~(笑)。
08012002.jpg

↓ミニチュア!
08012005.jpg

どれ位小さいかって~とコチラ(笑)。
08012006.jpg
かみやんは何でもしてくれるからね~(笑)。

↓上のを買ったら、おまけにこのミニチュアもつけてくれました(笑)。
08012003.jpg
まあ、こういうことをしてくれるのも蚤の市の楽しいところよね。もちろん値切りも大阪人の腕の見せ所なんだけどさ~(笑)。

しかし蚤の市での買い物はカードが使えないのが辛いところ。実は途中でATM行ってキャッシングしちゃったよ~(笑)。で、買った一番の大物は1960年代のエールフランスのポスターなんだけど、今広げるとファーに破られそうなので、また後日!でもこんなに買って、アンティーク屋でも始めるんかいって?そう、やりたいのよね~実は(笑)。

パリにはいくつか蚤の市があり、一番有名なのはクリニャンクールの蚤の市だと思います。何度か行ったことがありますが、このクリニャンクールのはあまりにも規模が大きくて、しかも売ってるモノもあまりに多岐に渡っていて見て歩くのに疲れちゃうんだよね~。このヴァンフの方は、クリニャンクールに比べればすごく小規模ですが、私はこっちの方が気に入りました!みなさんもぜひ週末にパリ滞在の場合は蚤の市巡りへどうぞ~!花市や小鳥市も開催されてま~す。
ヴァンフ蚤の市は土日の7~13時のみ。メトロ13号線のPorte de Vanvesを降りてすぐです。

バルセロナ&パリトラックバック(0)  コメント(17) 

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。