--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2013

06.25

今日手術でした

かみやんは今日手術でお昼過ぎに「無事終わりました、麻酔からも覚めました」と病院から連絡が来ました!
13062401.jpg

写真は昨日入院したときので〜す。
13062402.jpg

まだ術後48時間はドキドキですが、ちょっとホッとしました。手術日は面会できないので、明日行って詳しい事も聞いてこようと思います。
スポンサーサイト

aboutかみやんトラックバック(0)  コメント(13) 

    2013

06.19

行ってきました!

ご報告が遅くなりました。行ってきました東大病院。
13061708.jpg

9:30の予約で行ってみたら待合室はこんな感じ。すいてるな〜と思ったのですが午前中は初診が中心のようで、午後は通院中の子でとっても混んできました。
13061705.jpg

今日もご機嫌なかみやん。診察台の上は嫌いだけど、病院来るのは平気なの。
13061706.jpg

まずは学生さんを1人従えたかみやん担当の研修医さんの問診です。かかりつけの獣医さんからの紹介状とエコーの画像をお渡しし、研修医さんから現在の症状、既往症、食欲、具合の悪かった時の様子等々を聞かれます。友人からそれらをまとめて書いとくといいよといわれ、持参しました。説明しつつ、最後にはそのメモもお渡ししました。一番伝えたかったのは「かかりつけでは肝臓にも転移していて、余命1ヶ月、手術中しても3ヶ月、術中に亡くなる可能性も高いとの診断でした。それが全てなら、苦しい検査や、リスクを冒して手術するつもりはありません。一縷の光を求めて、こちらに来ました」という事です。

そして診察&エコーでかみやんは裏へ。私たちは待合室で待機。そして呼ばれました。もうドッキドキ。今度は教授の先生も一緒です。

エコーの画像を見ながら教授から説明が。「確かに脾臓に8cm位の腫瘍はありますね。心臓はキレイ。肝臓への転移もどうかなと言う感じです。<中略>エコーだけではわからないので、この状態ならCTをやってみる価値はあると思いますよ」と。へっ?!もしかして肝臓には転移してないかも??しかもなんとなく希望の持てそうなニュアンス??かみやん先週から元気だからCT(全身麻酔)にも耐えれそう!それならお願いしますとCTを受けさせる事に。

15:00頃に終わるというので、それまで東大内をX氏とブラブラ。学食にも行っちゃったよ(笑)。
13061707.jpg

そして15:00ちょうど頃、麻酔からすっかり醒めて足取りも確かなかみやんが戻ってきました。醒めんの早っ!

その後もう一度診察室に呼ばれ、教授からCTの診断結果を踏まえたお話がありました。要約すると
●脾臓の腫瘍はもしかしたら一度内側で破裂したかもしれない、それが具合の悪くなった6/3だったのかもしれない。が、今はもうくっついているので出血などもない。
●肝臓は確かにところどころ黒いものはあるが、これは加齢による肝臓の組織が一部死んだりしているところではないかと思う。今まで私が色々な症例を見て来た経験上ですが。もちろん開けてみないと、転移の可能性が0ではないが。
●脾臓の腫瘍は良性にせよ、悪性にせよどんどん大きくなっていずれは他の臓器を圧迫していきます。
●脾臓の破裂はすぐ起こるというものではないが、なにかの拍子に強く打ったりしたら起こる可能性がある。
●現在の元気さから考えても悪性というのがちょっと疑問。
●以上の事から考えると手術してみる価値はあると思います。
●手術では腫瘍を取るのではなく脾臓を全部摘出するので、手術時間も短く、出血も少ない。脾臓はあるに越した事はないが、なくても困らない臓器。
●手術の際に肝臓組織の一部も取って、検査する。
●手術をしなくても余命1ヶ月という事はないだろう。
●手術するかしないかは、よく話し合って決めてください。

以上の事を聞き、私とX氏の意見は一致しました。「手術を受けさせる」です。
●悪性腫瘍でない可能性もある事
●転移している可能性があまり大きくない事
●全摘って手があったのか!って事
●それにより手術時間が短く、出血も少ない事→手術中のリスクが減った。
●良性であったとしても爆弾を抱えてるようなもので、お腹を打ち付ける可能性もあるので(ファーがかみやんにキックするとか)そんなハラハラはこっちもたまらない事。
●今かみやんが先々週の事がウソのように元気になった事。先々週は今にも倒れそうで、とても手術なんて耐えられる体力はないと思ってました。
●このCTでの全身麻酔からの覚醒がすごく早かった事←やはり麻酔専任の先生がいらっしゃるのと、今までの症例上、量などが適切なのかと。
●麻酔の件も踏まえ、普通の獣医さんにはない圧倒的な量の症例数をベースした診断及び手術は信頼がおけるのではないかと。

もちろん先生の腕が確かだろうと、設備が整っていようと、手術中に死ぬ可能性も、残念ながら悪性でやっぱり転移していた可能性もあります。

でも何よりかみやんは13歳とはいえ目もも見えてるし、耳も遠くない、歯も抜けてないので、まだ生きられる可能性があるなら手術に懸けて元気で老衰まで生きて欲しいと思ったからです。

来週月曜日に入院し、火曜日手術、順調なら金曜退院予定です。

手に注射後のガーゼが巻かれてるけど、元気に出て来たかみやん!
13061704.jpg

aboutかみやんトラックバック(0)  コメント(33) 

    2013

06.16

留守番中のハラハラ

先週からお留守番中は心配なので、部屋にカメラを設置してiCamというアプリでiPhoneから見ています。仕事中ずっと見ていられるわけではないんだけど、動きがあれば自動で録画もしてくれるので遡っても見れるの。もちろんそんなに高精度のカメラではないので、死角もあるし、詳細に見れるわけではないんだかけど。

しかしカメラを仕掛けておくとこわ〜い出来事も。なんと午前中、かみやんはファーと追いかけっこして走り回ってる〜〜!!や〜め〜て〜!!以前もファーの留守番中の悪事を暴こうとカメラをしかけ、見てみたら実はかみがんがやっていたとアップした事があったと思うのですが、今回もどこからかかみやんが黒い布を持って現れ、それを取り合いしながら走り回っている映像がっ!黒い布はなんだろうと家に帰ってみたら、X氏の洗濯して畳んでおいてあったパンツでした(笑)。かみやんどっからそんな物を!?

人間の子供もそうだと思うのですが、ちょっと具合がよくなるとこれだよ!私としては安静にしていてほしいのに。しかもファーが挑発してるのかと思えばかみやん自らそんな事してるし!もう毎日ハラハラです。

先週日曜日にペットスパに行ったとアップしましたが、実はその日ファーの7歳の誕生日だったんですよ。それどころではなくすっかりお祝いもお預けなファー。しかも写真すらろくに撮ってないので、とりあえずかみやんに負けず劣らずカメラ目線な写真を(笑)。
13061301.jpg

お姉さんから誕生日にとおやつももらったよ!
13061302.jpg

でも主役はかみやん(笑)。
13061303.jpg

ファーに負けじとちょうだいちょうだいに挑戦!
13061304.jpg

明日は東大病院に行ってきます!

aboutかみ&ファートラックバック(0)  コメント(10) 

    2013

06.12

かみやんキレイキレイ!

日曜日から少し元気になったかみやん。昨日も今日もご飯も完食、お散歩も今迄と同じ距離歩くようになりました!尻尾も上がってるし!先週はお水ばっか飲んで、おしっこばっかしてて、うんちもいまひとつ出ずだったんですけどね。

で、日曜日にPET SPAに行ってきました。先生にシャンプーしてもいいですか?って聞いてたら「体の負担にならないようになら」と言われてたんですが、私が下手にするより大好きなお姉さんのいるPET SPAでしてもらった方が、かみやんも嬉しいだろうと。

いつもお世話になっているYさんには全てをお話してお願いしました。普通なら預けて出来上がるまで家に戻っているのですが、何かあったらすぐ来れるように近くで時間を潰していますからと伝えて。

あらま〜やっぱり嬉しそうだね〜かみやん。
13061001.jpg

しかも私には絶対切らせてくれない爪もお姉さんになら切らせてあげるのね。といっても時々「ちょっとイヤ!」と牙剥いてるけど(笑)。しかしそれだけで済むとは凄いわ〜。私はかつて親指に穴あいたもんな〜。
13061002.jpg

で、あら?なぜこんなところにウォンバットが!?
13061003.jpg

違うよ〜ボクだよ〜!
13061004.jpg
そうですトリミング後のかみやんです。白髪も目立たなくなり若返ったっていうか、デカイ子犬みたいっていうか、先祖帰りしたスコッチっていうか、ウォンバットっていうか(笑)。

これから暑くなるし、具合が悪くなった時にも清潔に保てるようにと、ものすご〜く短くカットしてもらったの。そういうとこだけは気がまわるんだなあ私(笑)。

極力更新するつもりですが、更新できない日があっても心配しないでくださいね。

aboutかみやんトラックバック(0)  コメント(20) 

    2013

06.10

だって野生だもんね

かみやん、どうして先週の月曜から急に具合悪くなったんだろうと考えた。ずっと我慢してたんだろうか?多少の兆候は見せてたのに私が気づかなかったんだろうか?と涙が止まらない。

でもその事を文鳥をずっと飼っている友達に告げたら、鳥の話をしてくれた。彼女が飼っていた文鳥も寿命(8年位らしい)を迎え、具合が悪くなった。突然止まり木にすら止まれなくなった。でも文鳥は見られていたり、人の気配を感じると元気なところを見せようとバタバタしたり、頑張って動くらしい。だから彼女は鳥に無理をさせないように、自分の気配を消したり、タオルをかけて自分を見えないようにしていたと。ではなぜ鳥は頑張って元気な所を見せるのか?それは元気がないと捕食されてしまうという、野生の摂理だそうだ。だからそうならないために、何かの気配を感じると精一杯元気なそぶりを見せるのだと。

犬もそうなのだろうなと。犬の祖先はオオカミ。オオカミなんて具合が悪くなったら外敵以前にまず自分の群れから襲われそうだ。弱い個体が群れにいると、その群れ自体が危険に晒されるから。

だから鳥を飼っている友達が「人間以外の動物の本能じゃない?心配させない様に我慢してるんじゃなくて、悟られない様にするのが本能なんだからもっと早くなんて絶対分からなかったと思うよ。」と言ってくれて少しラクになった。かみやんにも野生の本能が残っててそうさせたのかなあと。それは凄いなあと!こんなに代々人間といても、まだそんな事が残っているのかなあと。だから、かみやんよくやった!本来の本能を発揮した事を褒めてやりたい!

でももう頑張って元気にふるまわなくていい。誰もかみやんの事食べないし。立派に野性味は見せてくれたから、今度は飼い犬として甘えて欲しい。

書き溜めてた分を、一挙にアップしました。

aboutかみやんトラックバック(0)  コメント(6) 

    2013

06.09

カートデビュー!

カートデビューしました!本犬はとっても気に入った模様!
13060801.jpg

突然倒れた時に獣医さんまで走る用に用意しなければと思ったカートをミロたんところが、新しいの欲しいからという口実でくれました(涙)。しかも実はファーの為にもカートが必要・・・・かみやんの食欲がない→ご飯を残す→ファーが私の目を盗んであっという間に平らげる。さらにかみやんにつき合ってお散歩量半減。つまりファーにとっては食べる量2倍、運動量半減でデブまっしぐら!だからかみやんは途中からカートに乗ってもらって、ファーのお散歩量を稼がなければならないの。

もっと歳を取ったら必要かななんて考えていたカート、まさかこんなに急に必要になるとは。いや、でもすごく嬉しそうに乗っているのでよかったとしよう!

aboutかみやんトラックバック(0)  コメント(3) 

    2013

06.06

今日もかみやん!

今日はちょっと早く7時過ぎには家に帰れた。今日は尻尾を振って迎えてくれる。ほっとした。会社を出る時はお腹がすいているのに、家につくまでのドキドキで食欲がなくなる。かみやんが大丈夫なのを見るとほっとして、ワイン。水分(お酒か?)はいくらでも入るんだけど。このままじゃ私がアル中か?!でもねそこは酔っぱらうほどは飲めないんだよね。

今日の決心としては、かみやんは東大病院に連れて行く事にしました。同じスコッチ飼いのご紹介です。大きな病院は個人では行けないのでいくら紹介とはいえ、かかりつけの獣医さんに紹介状を書いてもらって、獣医さんから予約の電話をしてもらわなくてはならないの。獣医さんに電話して経緯を説明すると、もちろん書きますよ、電話しますよとの事。先生は電話してくださいました。しかしそこは国立の東大。いくら大学内に紹介して下さった先生がいるとはいえ、診察待ちは順番通りにしか行きません。診察日は6月17日。10日も先です。

それまでかみやんはもつんだろうか?遅すぎないんだろうか?!そしたら東大が待てないんだったら川崎の日本動物高度医療センターもあるよと。そう、ここは私も自分でネットで調べていました。行ける所で大きな病院と言う事で。

せっかく東大に予約を取ってくださった獣医さんにもう一度電話して相談。東大の診療迄かみやんはもつでしょうか?もたないんだったら川崎に連れて行きたいと。すると先生は「川崎にも予約とってもいいですよ。高額ですが。東大より早く予約は取れるでしょう。ただ紹介があるならそちらの方がいいと思います。もしかみやんの具合が急激に悪くなったなら、即川崎に行くのはどうでしょう。もちろんそうなれば点滴など対処療法はしますし」と。しかも川崎も東大もいままでの経過を書いた紹介状を持って行くとはいえまた検査になるそうです。ならば何度も検査より最初に東大に連れて行きたいので、先生のおっしゃる通りにしようと思いました。

それが今日の決心です。

今日のかみやんはいつもの半分以下ではありますが、昨日の2倍は歩きました。もう帰った方がよくない?と言ってもまだ歩くと。トロトロ歩きではありますが、結構歩いてくれました。家でもハアハアしてないので、微熱がないのかな〜と思ったけど、ファーもハアハアしてないから今日は涼しいのか!?ご飯も煮込みをいつもの2/3食べました。朝方までちょっと下痢だったから心配したけど、お腹は大丈夫そうです。
13060603.jpg

13060605.jpg

aboutかみやんトラックバック(0)  コメント(1) 

    2013

06.05

かみやん今日も頑張れ!

昨日も今日も帰宅するときが一番ドキドキする。いない間に破裂してたらどうしよう。息してなかったらどうしようって。
今日も帰ったらかみやんの気配がなくてびっくりしたんだけど、なんと洗面所(彼らのトイレと水飲み場)のドアが弾みで閉まったらしく閉じ込められていただけだった。ほっとした。昨日はうんちでなけったけど、今日はいっぱい出た。ちょっと下痢気味だけど。
今日はお散歩もトロトロとだけど、昨日よりはもうちょっと歩くと。ご飯は煮込みをいつもの2/3食べてくれた。
13060613.jpg
しかもおやつと、マックポテトも食べた!

首に巻いているのは小さなアイスノンです。
13060601.jpg


aboutかみやんトラックバック(0)  コメント(1) 

    2013

06.04

頑張れ!

皮肉な事に元気な間はブログさぼっていたくせに、具合悪くなると書いて行こうと思うなんて。
6月3日、昨日まで元気にしかも日曜日はX氏に連れられてロングなお散歩に行って来たのに、朝から元気がない。しかも時々震えている。X氏いわく朝迄ベランダで寝ていたとの事。まだ朝は寒いので風邪でも引いたのかと。ご飯も食べない。ま、ご飯いらないっていうのは時々有る事なので、とりあえず会社に行く。
帰って来ても元気がない。ご飯も食べない。下痢もしていない。これはちょっとおかしいかともう診療時間は過ぎているが電話して獣医に連れて行く。絶対歩かないと思ったので、自転車のかごに乗せて連れて行く。
状況を話してとりあえず血液検査とレントゲン。ちょっと時間かかってるなあと思って待っていた。そして先生が「あまりよくないお話です」と。
血液検査はちょっと貧血。レントゲンを撮ってみると脾臓に影があったのでエコーしたとの事。エコーで脾臓に8cmぐらいの腫瘍が。肝臓にも少し転移。心臓には転移はない。
取り出して病理検査してみないとわからないが、老犬の場合8割は悪性らしい。しかももう8cm。1年前のレントゲンではなかったので、急速に大きくなっていると。手術をしても手術中に死ぬ可能性と術後48時間以内に死ぬ可能性が高いと。手術が成功しても3ヶ月。しなければ1ヶ月。腫瘍はいつ破裂するかもうわからない。家で相談してくださいと。でも先生的にはあと1ヶ月好きな物を食べさせて、好きなように過ごさせてくださいと。
泣かないで頑張ったのに、先生がグスってすするから泣いちゃった。帰り道も泣きながら。
X氏が帰って来て話す。かみやんは朝食べなかったくせに夜は完食。大好きな抹茶アイスももらう。
ファーを散歩に連れて行ってないのでX氏に連れて行ってもらおうとすると、かみやんも玄関迄出て行くもののやっぱ行かないと。

6月4日朝はちょっとだけご飯を食べる。帰宅するとやっぱりしんどそう。ファーを散歩に連れてい行こうとすると、僕も行くと来たので一緒に行く。小さい頃いつも行ってた近場の公園迄。でもとってもゆっくりしか歩かない。3日前迄普通に歩いてたのに!?しかも公園まで行ったらもう帰ろうという。いつもならもっともっとっていうくせに。

ダメだダメだ泣いてたら。かみやんは私が泣くのが大嫌い。しかもまだ死んだ訳じゃない。1ヶ月以上だって生きるかもしれない。なのに涙が溢れる。

そして夜ご飯はせっかく煮込みを作ったのにいらないって。でも入ってる鶏肉を口に持っていったら食べた。しかもそれにつられてやっぱ食べると自分からフードボールに行って完食!
まだそんなに暑くないのに、暑がる。昨日病院で熱を測ってもらったら39度で微熱だと。でも真夏に巻いていたアイスノンを首に巻いてやると気持ち良さそうに寝てる。
あら?よく見たらファーも暑いらしい。え〜っ、まだ涼しいよ!!

aboutかみやんトラックバック(0)  コメント(3) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。