--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

06.02

アフリカの日々

今日は久々にアフリカの話です。コートジボアール時代に私が衛生教育用として作ったビデオをこないだやっとDVDに変換したので(これ以上ビデオテープで置いておくと、一生見れなくなるもんね)、アップしてみました。これは手を洗いましょう、排泄はトイレでしましょうっていう子供向けに作ったビデオですが、アフリカの生活ってどんなもん?って興味のある方見てみてくださいませ~。



全編フランス語(アフリカ訛ですが!)なのでストーリーの解説を・・・。
主役は二人の女の子。外で遊んだあと家に戻り、背の高い方の女の子はちゃんと手を洗って昼ご飯を食べましたが、低い子は手も洗わず汚い手で食べたのでお腹が痛くなって下痢になったので病院に行く事になってしまいました。

病院で診察を受け、お医者さんから「手を洗わないで食べたからこうなったんだよ。手には雑菌がいっぱいついている。ちゃんと今度から手を洗って食べなさい。わかった?」と言われます。この世には沢山のばい菌や寄生虫がいて、それが原因で色々な病気になります。外で遊んだ後や、トイレの後、動物に触った後などは手を洗わなければいけません。そして正しい手の洗い方の紹介。石けんを使って、手のひらだけでなく、指の間、爪の中も洗い、キレイなタオルで拭きます。

学校で先生が「ご飯を食べる前には何をしますか?」と質問すると「手を洗います」とちゃんと答えます。しかし背の低い方の女の子は道ばたで売っている不衛生なお菓子を買い食いしたのでまたお腹が痛くなりました。不衛生な食べ物でも病気になります。

水は飲んだり、食器や体を洗ったり私たちの生活には欠かせないものですが、水も不衛生な場合も多いので特に飲む時は沸かして、濾しましょう。

排泄も外ですると不衛生でハエなどを媒介としてそこから様々な病気が発生するので排泄はちゃんとトイレでしましょう。

私たちはキレイに手を洗う事や、排泄はトイレですることで様々な病気を避けることができます。

というようなストーリーです。

これはコートジボアールの小さな町でロケしました。アフリカは以前も紹介したように、首都は大都会ですが一歩首都を出ると日本と違いものすごい田舎になります。水道も電気も来ていない村や町がいっぱい!バケツで手を洗っているのも、ここの町には水道が来ておらず井戸水だからです。

登場人物は主役の女の子達も含め全て役者ではなく普通の子供達。病院も、お医者さんも、薬局も、学校も、先生もすべて本物です。子供達が地べたで手でご飯を食べるのも日常。外でうんこしてるのも日常(爆)。ただし、ちょっと想定外は撮影すると言ったら主役の子達を含め、女の子達何人かが一番のよそ行きワンピースを着てきちゃったんだよね~(笑)。
スポンサーサイト

アフリカトラックバック(0)  コメント(6) 

Next |  Back

comments

物凄い経験をしてますね・今の日本では、まず!あり得ない生活ですよね・震災で水電気がなくとも!田舎の、ばあちゃん、おじいさん達は、布団で寝たいと!頑張って!食料から寝床・お風呂まで!なんとかしてますが!今の子供達には、そう言う生活は出来ないのだろうなぁと思います。どっかに出掛けて、チャロを遊ばせてあげたいと思っていたら・高速道路の料金が従来通りになってしまうとか!東北六県内だったら・離災証明を出すと無料になるとか・だったら!青森から北海道へ船で渡ったら・ワンコの遊べそうな所は、あるのかなぁ?北海道のペットショップへ行って見たい!あ・7月16・17日と宮城県仙台市で東北6大際があるんですって!青森のねぶた祭りは一度見たいねと思ってたら、今年は、仙台であるらしいですよ!かみやん!ファーちゃん!遊びに来て見ませんかぁ!!!犬は、船に乗れますよね?北海道のペットショップは結構いろんな犬種とか、数が沢山いると聞いたことがあるのですが・本当なんだろうかなぁ??最近、何処にも出掛けて無いからストレスがたまって!!チャロも同じかなぁと思って!7月に仙台に遊びに来ませんかぁ!!チャロと遊んでやってくださいな!!宮城県なら、案内させていただきますよ!!

チャロやん:2011/06/03(金) 00:29:49 | URL | [編集]

こうゆうことをされてる方だったんですね~

以前、sing for darfurという映画を見ていろんなNPO団体の方のお話をうかがいました。
その時に「ふとしたきっかけが自分の心をアフリカの子ども達に向かわせた。それはきっとたまたまで、違うきっかけがあったら日本の子ども達へ向けられてた視線かもしれない」とおっしゃってたのが印象的でした。

hanabiota:2011/06/03(金) 07:55:03 | URL | [編集]

私の友人も数年 アフリカでボランティアで教師の仕事してきました
貧しく沢山の人が亡くなっていく話
でも 子供たちは 世界共通 可愛いと言う事 教えてもらいました
田舎に行くと おトイレは 外で 共同 と聞きました
私達は 日本に生まれ 幸せですよね
先日 ニュースで アフリカで人身売買で捕まった医師があると伝えてましたよね
まだ そんな事があるんだと ショックでした 

mura坊:2011/06/04(土) 21:31:05 | URL | [編集]

みなさんこんにちわ~!

v-300チャロやんさま
そうですね~アフリカは首都以外はまさに毎日がサバイバル生活。
電気が来てるまちでさえしょっちゅう停電するし、水道のない町は井戸も各家庭にあるわけではなく遠くまで汲みに行くんですよ。
何を隠そう私もバケツ1杯の水で頭から体まで全部洗えます(笑)。
北海道だったら震災の影響も全くないでしょうし、関東方面に来るよりチャロちゃんも走り回れる場所もいっぱいありますよ!
うちも以前かみやんを連れて行った時はすごく楽しかったです!!
へえっ今年はねぶたが仙台で行われるんですか?
行ってみたいですね~!
毎年夏は東北へキャンプへ行きたいと思っているのですが、休みがいっぱいないとなかなか遠くて。
しかもそうなんですよせっかく1000円だった高速料金が戻るのは痛いわ~。
でも復興のための財源に使われるんだったらしょうがないですね。
7月は行けるかどうかわかりませんが、そちらの方へ行く事になれば案内してくださいね♪

v-469hanabiotaさま
いや、こういう事をされてただけです(笑)。
今は日本で普通に働いてますよ!
日頃は忙しくてボランティアなんてできないからいっその事2年間に凝縮してと仕事を辞めて行ってました。
私もアフリカと決めていたわけではなくて、派遣されたのがアフリカ。
子供の頃は日本にだって困っている人がいっぱいいるのに、なぜその人たちを助けなくて海外?と思っていたんですが、途上国は日本よりもっと大変な状態だと知って海外に目が向きました。
日本なら他の人でもできるだろうけど、海外は精神的にも体力的にも行けない人もいるだろうし。
まあ、私のやった事が役に立ったかどうかわかりませんが(笑)、また行きたいですね~。
かみやんとファーを連れて行けない事が私を思いとどまらせてます(笑)。

e-241mura坊さま
そうそうたった100円位の薬が買えなくて死んで行く人もいっぱいいるんですよね~。
日本に生まれて、病気がいっぱいないだけでも幸せです!
トイレが共同であるだけでもましで、ない村もあってのっ原でしろと言われ焦った事もあります(笑)。
子供はホント素直でかわいいです!
みんな白人が珍しいらしく(田舎に行くと黄色人種という概念はないらしく、私も白人!)集まって来て手をつなぎたがるんですよん。
車で走っていてもみんな手を振ってくれて、私は雅子さまの様にニコニコしながらあっちにもこっちにも手を振り返すという(爆)。
ナイジェリアでしたっけ?組織的に子供の人身売買が行われていたって・・・。
ひどい話ですが、貧しさがそうさせるんでしょうね。
どんなに貧しくても子供達だけはみんな輝いている目をしてるんですけどね。

bonbon:2011/06/06(月) 11:53:54 | URL | [編集]

!!!
今更ながら・・・bonbonさんはいったい何者?(笑)
アフリカ?ボランティア?衛生員?
すご~~~い♪
そしてフランス語ペラペラで。

まだ私の知らないことがたくさんありそう。
恐るべし!

ってことはかみやんとファーちゃんにもまだまだ秘密が???

こむまま:2011/06/06(月) 12:58:45 | URL | [編集]

v-285こむままさま
いやいや、普通の王妃ですよ私は(爆)。
2年間向こうに行ってこういう事をやってただけです。
衛生員?!なんか白い服着て消毒してそうな人だな~(笑)。
いや私は視聴覚教育といって、ポスターやビデオを作って環境教育をする人として行ったんですよん。
でも現地はまだ環境どころじゃないからこんなビデオ作っちゃった。
まだ隠してる事?
う~ん、ファーがファーちゃん星人だってことも、私が王妃だって事もバレてるし、かみやんの中に小さいおじさんが入ってて時々出てくる事ぐらいかな?(爆)。

bonbon:2011/06/08(水) 12:50:57 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。