FC2ブログ

    2006

03.15

さよならシンシア

06031503.jpgウッワ~ン!シンシアちゃんが逝ってしまいました。ご存じでしょうか介助犬シンシア。まだ補助犬法ができる前から介助犬を認めてもらうために、飼い主でありご自身も障害者である木村さんとともにさまざまなところでPR活動を行い、2002年やっと法律施行後晴れて法も認める介助犬としてさらなる活躍をしていたシンシアちゃん。冨田靖子さんが主演でドラマ化もされました。昨年12月に12歳を目前に、木村さんの介助を後輩のエルモに譲り、幸せな余生を送りはじめたばかりだったのに昨日突然です。

06031502.jpg私は一昨年本屋でシンシアの本を見つけ、舞台が宝塚という実家に近いところだったことと、木村さんと同じ会社だったことで興味を持って読みはじめました。その後シンシア日記のHPに書き込みもし、木村さんからお返事もいただきました。つい一昨日も覗いたばかりだったのに突然でした。シンシアちゃんのすごいところは、介助犬として育てられたのではなく、元々は普通のペットだったというところです。本を読みながら何度かみやんに「シンシアちゃんはすごいんだよ~!あんたにはできないよね~」と、語りかけたことでしょう。
元々木村さんのペットだったため、引退後も木村さんとともに幸せに暮らしていたシンシアちゃん。後輩のエルモも木村さんとの相性はもちろんですが、シンシアとの相性もちゃんと考えて選ばれた犬だったのです。4カ月のあいだエルモの働きを見ていて、これなら大丈夫と思い、木村さんを託して逝ったんだなあと思います。
もうこれ書きながらも涙と鼻ぐすぐすな私。今日はまだ風邪が治ってないので、ブログはお休みしようと思っていたのですが、書かずにはいられませんでした。
どうかシンシアちゃん、虹の橋の向こうで大好きなキャッチボールをしていっぱい遊んでね!

スポンサーサイト



未分類トラックバック(3)  コメント(14) 

Next |  Back

comments

ヤフーニュースで見ただけで、既に涙ぐんでる私。。。
こういうのメッチャ弱い。
しかも飼主のために自分の全てを捧げた犬ですもの・・・。
本当にお疲れ様ですね。そしてありがとう。

ruby:2006/03/15(水) 21:22:40 | URL | [編集]

シンシアって、あのシンシア?えーーーーーーーーーー!亡くなったの・・・。
英語の教科書にのってたあの有名な・・・。お疲れ様。天国で木村さんを
見守ってね

祐介:2006/03/15(水) 22:45:28 | URL | [編集]

bonbonさん風邪は大丈夫ですか?

私もyahooのニュースでシンシアちゃんの死を知りました。
腫瘍か何かの摘出をした後だったようですね。
シンシアちゃんのように、凄く賢くて
木村さんのために色々尽くしてきたワンちゃんだからこそ
天国で安らかに眠って欲しいと思います。

水色姫:2006/03/15(水) 23:09:29 | URL | [編集]

v-256rubyさま
そーなの私もダメ。
シンシアの本読んでる時から(まだ全然元気なのに)「なんてええ子なんや~」ってうるうるきてたんだもん。
もう風邪でぐすぐすなのかなんだかわかんない状態よ!

v-210祐介さま
おおさすが。シンシアが載ってる英語の教科書で勉強した世代なんですね。
きっとず~っと木村さんのこと見守ってるんだと思います。
あっいかん、またうるうるしそう。

bonbon:2006/03/15(水) 23:10:47 | URL | [編集]

ありがとうございます。
風邪まだやばいですね~。週末までには治したいんですが。
水色姫さんもご存知だったんですねシンシアちゃん。
きっと木村さんの介助をすることが彼女にとってとっても幸せなことだったんでしょうが、天国でも幸せになってほしいですね!

bonbon:2006/03/15(水) 23:15:38 | URL | [編集]

私もTVニュースで、知り、ビックリしました。日本には、まだまだ介助犬って、少ないですよね。でも、そのさきがけとなったシンシアの残した功績は、偉大ですね。
本当に、後輩犬に任せられるなって思って、天国に行ったのですね。ワンとヒトって、本当に目に見えないキズナで結ばれていると思います。天国で、楽しく駆け回ってますよね、絶対に!!

sora-mama:2006/03/16(木) 09:12:47 | URL | [編集]

シンシアちゃんは自分が飼った犬ではないけれど、きっとずっと私たちの心に残るワンですね。
日本では盲導犬、介助犬、ひいては犬そのものに対する理解がまだまだ低い気がしますが、これからは高くなっていってほしいですね!

bonbon:2006/03/16(木) 10:44:57 | URL | [編集]

今朝からぽろぽろ泣いてしまいました。
私はドラマしか見ていなかったけれど
シンシアちゃんのことは 知ってました。

シンシアちゃんにありがとうって言いたい人がどれだけいることでしょうね。

sachiko:2006/03/16(木) 16:17:47 | URL | [編集]

bonbonさま。
言い忘れていました。
僕は「シンシアが載ってる英語の教科書で勉強した世代」ではなく
「シンシアが載ってる英語の教科書で勉強している世代」です。
つまり中1のガキですよw

祐介:2006/03/16(木) 17:13:26 | URL | [編集]

v-409sachikoさま
sachikoさんも泣いちゃったのね。
も~私も返信かく度に涙出そうになっちゃう。
きっと何千人、いや何万人の人が涙を流し、そしてシンシアの冥福を祈ってるんでしょうね。

v-368祐介さま
がーんまだ現役で勉強してる年齢だったのね。
お姉さんはびっくりだわ~~~~!!

bonbon:2006/03/16(木) 17:51:32 | URL | [編集]

はじめまして、多くの人が「介護犬」に関心を持ち、一人でも多くの人がブログを書き、そしてひとりでも多くの人の目にふれたら、「介護犬」に対しての理解も深まっていく。そんな事を願って、私もブログ書かせていただきました。トラックバックさせていただきました。

あい:2006/03/16(木) 18:12:33 | URL | [編集]

ご訪問ありがとうございます。
ほんとうにあいさんのおっしゃるとおりですね。
まだまだ認知度が低い介護犬。
私の願いもあいさんと同じです。

bonbon:2006/03/16(木) 20:30:25 | URL | [編集]

 シンシアに会ったのは、5年前。私が小学3年生のとき。かつて、私が通ってた学校にシンシアと木村さんが来てくれたときです。あの時は、ただただ、シンシアと木村さんに会えたこと、とても嬉しかったです。
 10年間、本当にご苦労様。そして、シンシアを知る多くの人達に感動を与えてくれました。                   ありがとう。

RIC:2006/03/16(木) 21:08:38 | URL | [編集]

木村さんとシンシアに会われたことがあるんですね。
シンシアは実際に会って、テレビで、新聞で、ネットで本当にたくさんの人に感動を与えてくれましたね!
私もやすらかに、そしてありがとうという言葉を心から贈ります。

bonbon:2006/03/16(木) 22:55:33 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

忘れないよ。シンシア


「身体障害者補助犬法」の制定に大きな役割を果たした「介助犬シンシア」が12歳の命に幕を閉じました。シンシアは、交通事故で車椅子生活を送る宝塚市の木村さんの生活を10年間支えた犬です。身体障害者補助犬といってもわかりにくいですね。「盲導犬」「聴導犬」「介助犬

2006/03/16(木) 04:28:28 | あいの日記

シンシアよ安らかに


ひさびさにニュースを聞いただけで泣いてしまいました。{/hiyo_cry1/}介助犬シンシアが逝ったという知らせでした。後継のエルモ君にバトンタッチしたのは知ってましたが、なんで急に・・・{/hiyo_cry1/}画面に映し出された棺の中のシンシアはきれいなかわいい寝顔でおさまっ

2006/03/16(木) 20:31:07 | ひゃくまんつぶ草

<補助犬>死んだシンシア…「グッドガールだったよ」


 ゆっくりと余生を楽しんでほしかった――。14日に息を引き取ったシンシアは、兵庫県宝塚市のコンピュータープログラマー、木村佳友さん(45)と二人三脚で歩んできた。障害のある人が当たり前に暮らすための身体障害者補助犬法の制定を後押しし、つぶらな瞳と人なつっ

2006/03/17(金) 14:10:51 | ブログLOVE