FC2ブログ

    2006

07.20

フィラリアvsマラリア

06071702.jpgフィラリアといえば私が語るまでもなく、ワンにとっては恐ろしい病気。みなさん予防にはぬかりないですよね。一方アフリカにいた頃の私にとっては、フィラリアより恐かったのがマラリアでした~(犬飼ってなかったし)。しかしそのおかげで、かみやん飼うようになってから獣医さんに行って何度「かみやんのマラリアの薬もらいにきました~!」って言っちゃったことでしょう!獣医さんは目が点!そんなもんないって。しかもそんなこと言う人、他にいませんよね~(爆)。最近は春頃にフィラリア検査さえしておけば、ネットでもフロントラインとか安く買えますけどね~。

ところでこのマラリアどんな病気かっていうと、詳しくはコチラですが4つの種類があり、私のいたブラックアフリカのコートジボアールのマラリアは熱帯熱マラリアといって、死に至る一番恐ろしい種類のマラリアです。マラリアもフィラリアと同じく蚊が媒介し、マラリアになってる人を刺した蚊が他の人を刺すとうつるのです~。そして血液の中でマラリア原虫がどんどん増殖し、それが脳の毛細血管に詰まって死に至るのです。症状としては最初は微熱が出てそれが高熱になります。そして頭が死ぬほど痛い。

06071701.jpg←セネガルにて。
かくいう私も2年の間に6回もマラリアになりました~(笑)。いや笑ってる場合じゃない?マラリアも早期発見、早期治療すれば大丈夫なんですけどね。私の場合は最初の5回は「あれなんかちょっと頭が痛いな~、ちょっと微熱かなあ」って思った段階で血液検査に行ってたので、その次点で「はいマラリアです」と言われ、薬を飲んで1~2日ごろごろしてれば治ってました。が、最後になったマラリアは頭が痛いけどこれは昨日飲み過ぎた飲んだ安ワインのせいかしら?なんて思って油断してたら頭が半端じゃなく痛くなり、熱が出てきてやっば~いこれはマラリアだと、検査に行くまでもなく薬を飲みました。でもすでにかなり進行してたんでしょうね。頭が死ぬほど痛いんです。ホントは薬を併用して飲んでは良くないんですが、痛くてたまらず、バファリンを併用して服用しました。バファリンが効いてるあいだはいいんですが、8時間でぴたっと効き目が切れてまた死ぬほど頭が痛くなるんです。丸々2日間そんな状態でした。でもまあホントにもっとひどいと意識不明になって死に至る、またその手前でも熱が下がらない場合は、入院でマラリアの薬を点滴で入れることになります。日本人も結構入院してましたし、意識不明でもうダメかもと言われた人までいました。ただ日本人は薬も買えるし、入院するお金もありますが、現地では日本円にして100円がぐらいの薬が買えなくて、亡くなっちゃう人もいっぱいいるんですよね・・・。マラリアはやはり恐ろしい病気です。いまだ予防接種もないし、予防薬はありますがこれを飲んでいたからといって、100%防げるわけでもないのです。

フィラリアは犬にだけ、マラリアは人間にだけ、でもどちらも蚊が媒介する恐ろしい病気ですよね。どちらもそれに感染している犬および人がいなくなれば、この世からなくなる病気です。蚊を撲滅するのは難しいかもしれませんから、かからないように一人一人が気をつければ、いずれは殲滅できるかもしれませんね。

マラリア、マラリア・・これであなたも獣医さんに行ったあかつきには思わず「マラリアの薬もらいにきました~!」って言っちゃうかもしれません(笑)。
スポンサーサイト



アフリカトラックバック(0)  コメント(9) 

Next |  Back

comments

ひえ~ bonbonさ~ん、マラリアにかかったことがあるんですか~?
ここインドでも蚊の出る季節(1年の半分以上ですね・・・)には、マラリア、デング熱を警戒して、虫除け製品を強化するのですが、去年は周囲ではデング熱にかかった人が多かったんです。確かに日本人は治療にお金を掛けられるので、回復する人が殆どのようですが、現地の人は不可能な人も・・・っていうのはアフリカと一緒ですね・・・。
そろそろまた蚊が出始めたので警戒しなくっちゃ・・・。
私も日本の獣医さんでゼッタイ「マラリアのクスリを」と言っちゃいそうで~す(笑)。

patjal:2006/07/20(木) 01:51:08 | URL | [編集]

bonbonさん、やっぱり、いろんな経験してますねぇ。
マラリアって、一度治ってもまた出るとか聞きましたけど、そんなことはないの?

昔、蚊に刺されると日本脳炎になるって、注意されましたよね。
中国では、蚊が媒体して肝炎になるケースもあるとか~

私、ものすごく刺されやすいので、アフリカは、ムリだわ~

そろそろ、宙に、マラリア、いやフィラリアの薬を飲ませる時期が近づいていますww

sora-mama:2006/07/20(木) 10:45:09 | URL | [編集]

bonbonさん、
お酒の飲みすぎは怖いですね~。
早期発見の敵ですね!

酒は万病の素じゃ。 by chobi

Chobi:2006/07/20(木) 12:09:24 | URL | [編集]

こわい~!
マラリアって、熱で震えが来たりするんでしょう?あぶないなァ・・・

昨日、知人がアフリカ大陸に旅立ちました。「何の予防接種もして行かないよ。だって、ありすぎて・・・」って言っていました。マラリアの予防薬は、日本の一般の病院にはないそうで、現地の方が手に入りやすいそうです。

戦争してる場合じゃないよね!地上から病気と貧困を根絶しないと!(てへっ、今日はマジメにコメントしちゃいました。かみやんも病気には注意だよ。もう飼い主さんを心配させないようにね!)

こまるち:2006/07/20(木) 22:37:47 | URL | [編集]

マラリアって現地では、日常にあるんですね~~ひええええ

そういえば、以前、父が「ヒマラヤとマラリア」と言い間違えてたことなるな~
「キトサン」に至っては、何だか違った物質みたいな名前になってた;;;

くり:2006/07/20(木) 23:18:38 | URL | [編集]

v-356ひえ~~マラリアってほんとになるんですね!!自分の無知さを思い知らされた私です。bonbonさんは本当に色々な国に行かれたことがあるんですね。私もせっかく地球に生まれたんだから色々な国を見たいなあ。。

B&D姉(sa-ya):2006/07/21(金) 01:53:28 | URL | [編集]

マラリアって知っているようで全然未知の病気です。こうやって
bonbonさんに説明していただいて勉強になりました!
ヒラリア、こちらにはないです。蚊があまりいないからだと思われます。
スイスでもなかったんですけどイギリスに来てから
ヒラリアはあるのか一応獣医さんに聞いたら
きょとんとされてしまいほっとしたこと思い出しました。
ヒラリア、マラリア、全て蚊のせいなんですよね、憎い~!

stipa:2006/07/21(金) 02:06:01 | URL | [編集]

みなさんこんにちわ~!

v-508patjalさま
インドでも半年以上蚊が出ますか。アフリカでは1年中でした(笑)。
帰国した直後なんて、友達が蚊がいる!って騒いでも「日本の蚊なんて刺されてもかゆいだけだから、別にいいじゃん」って言ったら「あんたは変だ」と言われちゃいました(爆)。
アジアと中南米はマラリアよりデングが多いみたいですね。
デングも相当辛いみたいですが、patjalさん一家は大丈夫ですか?

v-481sora-mamaさま
マラリアの種類によっては、一回熱が下がって、また出てきます。しかも卵形マラリアっていう種類は、刺された時は発病せず卵のままの状態で血液の中に何年もいて、突然発病するので恐いみたいです。ひ~っ。
アフリカに行く前に日本脳炎の予防注射もしていきましたよ。
アフリカにも日本脳炎があるのか!?
宙くんにマラリアの薬忘れずにね~(笑)。

v-285Chobiさま
アフリカでは酒を飲み過ぎて命を落としかねないですね~(笑)。
かみやんもチョビちゃんと同じ意見です。しかも「酒飲みに行ってる暇あったあら、早く帰ってこい」って思ってます!

v-289こまるちさま
私もアフリカ行く前、強制的にもう何種類打ったかわからないぐらい、予防接種しましたよ~(涙)。
そう日本にはマラリアの薬なんて売ってません。向こうでは薬局で処方箋もなしに買えます。
そうそう、まずは貧困と病気をなくしてからにしろっつ~のにね。

bonbon:2006/07/21(金) 11:58:38 | URL | [編集]

返信遅くなってごめんなさ~い!

v-230くりさま
ヒマラヤとマラリア!
お父さん私よりうわ手だわ(笑)。
そう、マラリアって日常的にあるので、マラリアで仕事休んでも、「はいはいお大事に~」って感じでした。

v-233B&D姉(sa-ya)
私は職業旅人になりたいぐらいです(笑)。
この世には国連加盟国だけでも186ぐらいあるのですから、一生かけても全部行くのは無理ですよね~。
あっ、sa-yaさんついこないだ香港行かれたじゃないですか!身近なとこから、ひとつずつ!

v-501stipaさま
そっか~イギリスは蚊がいないからフィラリアないんだ~!!
犬にとってはお薬も服用しなくていいし、幸せですね!
蚊さえいなくなればフィラリアもマラリアもなくなるけど、太古の昔からいるから(ジュラシックパークでやってたし)無理かな~?

bonbon:2006/07/21(金) 17:42:54 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL