--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

07.05

JAL特定犬種預かり中止!

07070302.jpg昨日ファーは見事にやってくれましたが、天下のJALもまたやってくれましたね~!「特定犬種(フレンチブルドッグ及びブルドッグ)お預かり中止に関するお知らせ」だって。この7月20日より国内線・国際線ともフレンチブル、ブルドッグの輸送およびペットとお出かけサービスの受け入れをやめるそうです。それって昨年のビスコちゃんの悲しい事件の影響ですよね。少なくともJALなりに反省して改善策をこうじてくると信じてたのに、改善策がコレ!?これって改善策でしょうか?!なんでもペット輸送時の温度や湿度などの環境調査を行い、獣医師や専門家のアドバイスも受けて、ペットを安全に預かるために取り組んでいると。そしてフレブル・ブルについてはいままでお預かりした状況から航空機における輸送環境の影響をより受けやすいと判断し、お預かりを中止するそうです。輸送時の調査だけでなく、カウンターで預かった時点から飛行機に乗るまでとか、下りてからの状況も調査したのか!?しかも調査をして改善に取り組んでるんだったら、フレブル・ブルだって大丈夫なようにしろよ~。もしスコッチだけとか自分の飼ってる犬種だけがダメって言われたらどう思います?旅行はあきらめれば済むことかもしれません。でも転勤やましてや海外赴任を命じられた日には、会社辞めるか犬捨てろってことですかね?ANAや他の航空会社はこのようなことは言ってませんが、JALって日本を代表する航空会社でしょ!?海外からのお客さんがフレブル・ブル乗せようとしてダメですって言って、納得のいく説明ができるのでしょうか?

07070301.jpg去年のビスコちゃん事故の夏の繁忙期が近づく前に、とりあえずブル乗せるのやめとけとしか受け取れないんですけどね。どう調査してどう改善しているのかも全然書かれてないし。ちなみにJALに問い合わせされた方のお話では似た犬種でもシーズーやバグ、ボステリは事故がなかったので除外したそうです。やっぱそこかよ!しかも預ける前に書く申請書にフレンチブルドッグと書かず、雑種と書けば乗せてくれるのかも聞かれた方がいらっしゃるのですが、「飼い主の判断ですので お乗せします」とのことだったそうです。は~(ため息)。飼い主に判断を求めるのはそこじゃないだろ!と思います。まず飼い主はある程度の危険を覚悟で乗せるか乗せないかを判断しているはずです(いやホントは覚悟なんて必要なく、乗せられるのが理想だけどね~)。本当にブル・フレブルが弱いのであれば「こういう調査結果も出ておりますがそれでも乗せられますか?」つうのが、誠意、顧客サービスってもんじゃないの?JALの方にすれば努力はしてるんだって言われるかもしれませんが、飼い主である私にはそれがいまいち見えません。JALの方だって犬飼ってる方いますよね?

おっと~私ブルを飼ってるわけでもないのに熱くなってしまいました(笑)。ましてや転勤&海外赴任の予定も全くないんだけど(爆)。でもJALのこんな姿勢だと、もし他の犬種が亡くなったらきっとその犬種も乗せないリストに載せるだけじゃないかと。空の安全で100%なんて人間に対してだってありえないですよね。でもどこの航空会社もそれをめざして努力しているはずです。だったら動物にもそれをと。動物も満足に運べない航空会社が果たして人間を安全に運べるのかと思います私・・・。

ちなみにフレブルを飼っていらっしゃるchocolat's CafeさんはJALに質問状を出し、来た回答を載せていらっしゃいます。はあ~(またため息)っていう回答です。昨年質問をJALとANAにされたグリコさんへの回答はコチラ。JALって地球温暖化のせいにしてね~?ANAからの回答の方が誠意を感じられます。ちなみに私は昨年かみやんと北海道へ行く前にスカイマークに質問を送りましたが全く返事はありませんでした!!どんなけ~!?あ、でもスカイマークは現場職員の方は頑張ってくれたんだった。私が飛行機降りて受け取り場所に到着するが早いか、グランドホステスのお姉さんが18キロもあるかみやん込みのケージを抱えて走ってきてくれたよ(笑)。ま、JALだって現場では頑張ってくださっている方もいらっしゃるのかもしれません。

追記:JALのページでペット輸送に関して機長(多分?)からの立場で書かれているコックピット日記を見つけました。誠意のなさそうな回答よりまだこっちの方が現実味がありますね。貨物で運ばれる競馬馬さまなどはもっと細かく温度設定していただけるようですわん。

追記2:本日(7/6)の日経新聞に「ブルドッグの機内預かり中止」として結構な扱いで記事が載ってました。それによると「ペットは温度調節のできる貨物室に積むが、安全上、離発着時などにはエアコンの稼働を止めることもあり、預かり中止を決めたという。」って、聞いてねえよ~。JALさん新聞の取材には答えるのね。なおJALグループは2006年度の国内線で前年度比8%増の約6万匹のペットを運んでいるそうです。
スポンサーサイト

犬と旅トラックバック(2)  コメント(21) 

Next |  Back

comments

うーむ・・・・なにこれ?
JALに乗りたくなくなっちゃった。
私、ご存じの通り東京詣の時は、JALを愛用させていただいているのですが・・・(ホテルとの兼ね合いもあってね)
これじゃぁ嫌だな。
本当に、スコッチを預けて、何かあったら
「スコッチ禁止」にするのでしょうね。
犬を飛行機に乗せるのって、そんなに危ないことなのでしょうか?
確かに気圧とかね、気温とかね、あるんだろうけど、
普段人と一緒に暮らしている犬達。
車にも乗れるし、部屋でエアコンの恩恵も受けてる。
暑い時には「ハァハァ」言って体温調節してる。
悲しいことに熱中症になっちゃう子もいるけど、
それでも人と一緒に普通に暮らしてると思うんだけど。
飛行機ってそんなに特殊な乗り物なのでしょうか?
確かにフレンチやブルは暑さには弱いけど、
だったら、身体の弱いお年寄りや、お子ちゃまも
乗っちゃいけないんじゃないの?(極論だけど・・)

JALのこの対応、気に入りません!!

犬も機内持ち込みOKにすればいいのに!
いろんな決まりを作ってもいいからさ。
ペット連れ座席も指定して良いから・・・
なんて事はもう絶対あり得ない事なのでしょうか?
海外では出来て、何故にここじゃ出来ないのかな?
不思議・・・・

うーん・・・・JALさん残念だなぁ。
ANA便に変えなきゃいけないかな?
他社もこれにならわないで欲しいな。

長くなって失礼しました。



京:2007/07/06(金) 01:51:45 | URL | [編集]

初めて知った事故なので、ビスコちゃんのブログを検索して読ませていただきました。涙が止まらなく、JALに対して苛立ちや怒りみたいなものが沸いてきました。本当にありえないです。飼い主の方、どんなに辛い思いをされたことか…。
本当はJALが自らきちんとした方向に改善をしていかなくてはいけないと思いますが、あまり事故の重さの認識をしていないように感じるます。それならば、やはり飛行機の利用者である私たちが問いかけたり、訴えかけるなどして、この状況をよい方向に改善していかなくてはならないとおもいます。とは言っても具体的に何をすればいいにかわかりませんが、この事故のことを色んな人に知ってもらい、あるべき状況に変えることに賛同する仲間を集め、何か行動を起こして、より多くに多くのの人にこの事故のことを知ってもらうことができれば、JALに疑問をなげかける人が増えれば状況は少しでもかわるのではないでしょうか。
JALは犬一匹の命を奪っている。(他にも公になっていない事故があるでしょうが。)そのことを忘れないでほしいですよね。これが人間におきたことだったらどうなるでしょう。大事件となることは間違いないでしょうし、殺人行為だとも思います。飼い主の隣におけるようにするだとか、動物専用の個室を作るだとか、荷物と一緒に置くというのであれば、動物が乗っている時は、こまめに温度の確認に行ったりするというようなことはできないものなのでしょうか。現実か目を背けず、誠意と責任のある対応を心がけてほしいものです。人間ではないとはいえ、命をあずかるわけですからその重さは同じですよね。このままだと、知らないうちにまた命が奪われることも十分ありえます。ビスコちゃんに起こったような事故がも二度と起こらないことを願います。長々と失礼いたしました。

あや:2007/07/06(金) 02:37:43 | URL | [編集]

フレンチブル飼いとしては、何ともやりきれない思いでいっぱいです。
結局、ビスコちゃんの事故は一体なんだったのか。
クサイものには蓋かよって感じ。
確かに暑さに弱い犬種ではあるけど、
限定して、責任逃れしてるように思えますよね。
JALはペットに限って事じゃなくても
お役所仕事だからねぇ。
面倒で、あまり利益にならないようなことはしたがらない。
もちろんJALに限ったことではないけど。
もっと飼主の意識を向上させて、
機内持ち込みが出来るようにしたいよね。
荷物じゃなくて、家族なんだから。

ruby:2007/07/06(金) 07:59:56 | URL | [編集]

いろいろ、教えてくれてありがとう~
また、いろいろな方のコメントも読んで勉強になりました。

JALの特定犬種を乗せないという対応は、どなたかも言っていたように、「くさいものにフタ」だよね~
前回JALに乗せるとき、事故の件を確認したところ、「バリケンにお水の設置をしてもいいことになりました」って。
で、そのお水のボトルとかもケージと一緒に貸してくれるのですか?って、聞いたら、「それは、お持ち込みになります」だった。

確かに、犬を乗せるという選択は、飼い主の判断なのだから、リスクを犯すか、どうかは、判断せよ!というのも、わからないではないんだけど、その判断するための情報を公開してもらいたいわ~

sora-mama:2007/07/06(金) 08:49:35 | URL | [編集]

こういう事がおきると、こんな対応しかできない!ほんとに腹立たしい事です。
ペットなんやから・犬なんやからって思ってるのでしょうね。

ペットやよ!犬やよ!大切な家族やねん!!
って言いたくなります。

来夢瑠ママ:2007/07/06(金) 13:05:36 | URL | [編集]

やっぱり色々ありますよね。
全日空では国際線で、他の犬種もダメみたいです。
さっきのニュースでは、アメリカの愛護団体の事を
やってましたよ。
機内に一緒に連れて入れる犬でなければ
車で行きなさい!みたいにいってるらしい。
やっぱりどんなにケアしてると言えど
心配だよねぇぇぇぇぇ。
今度昔の友達に頼んで、貨物室の中とかを
見学させてもらってくるわっ!!

Ocean:2007/07/06(金) 18:14:20 | URL | [編集]

詳しく調べられたんですね~~
確かにJALの対応はいかがなものか?と思います。私たちにとっては大事な家族でも、JALにとったらただの犬ですもんね。

私は、飛行機に乗って一緒に旅行したいけど同じ席に乗れないからあきらめてます。
(川島なお美は、一緒に乗ったのに!!)
自分の目の届かないところで、どんな扱いを受けるか考えると怖いですもん。
飛行機に乗せるのは結局は飼い主の判断ですからね。でも、こんな風に特定されるとブルちゃんたちの飼い主さんはいい気しないでしょうね・・・・

yummyyummy:2007/07/06(金) 21:51:08 | URL | [編集]

v-286私も夕方のニュースで見ました。
それによると、「短鼻種」と呼ばれる俗に言うハナペチャなワンコ達は、上空の薄い空気の中での酸素の取り込みが上手くいかず、諸々が起因して大変な事態になるケースがある様ですね・・・。
コトバが発せないから彼らのホントの訴えが解らないし難しい問題だなぁ・・と感じました。。

yukiyo♪:2007/07/06(金) 22:32:15 | URL | [編集]

ん~、JALの体質は問題があると思うけど、ブルってホント弱いです…。
妹の家のブルは4月に家の中でそれも夜に突然熱中症の症状が出て旅立っていきました。
獣医さんもこんな症例は初めてですと言っていたそうです。
ヒート中だったからかとか、暴れたのかとか色々考えたんですけど、はっきりした原因は解らず…。
それまでも毎週のように何かしら獣医さんにかかってましたしね。
一緒にいてもこれだから、目の届かない場所に乗せるのは恐いね…。
うちの子たちは「近所の公園が一番だね♪」って言う逆セレブ犬たちなので(車が苦手)良かったな…。

あこ:2007/07/06(金) 23:33:39 | URL | [編集]

はぁ~・・・なんか悲しくなっちゃいますねll(-_-;)ll
こんなに家族としてワンコを迎え入れているご家庭が増えているというのに・・・。
もっと飼い主が納得のいく方法はなかったのかと思ってしまいます♪♪
フレブル・ブルちゃんにかかわらず、長い間暑いところに入れられていたら、おかしくなっちゃうのになぁ~(;_;)
きっとそこに人間がいても、熱中症になってたんじゃないかと思いますよ。
ただでさえ、色々騒がれているJALさま・・・。
そろそろニ~ズにしっかり答えてくれ~!!

らいぐれ:2007/07/07(土) 00:12:29 | URL | [編集]

みなさんこんばんわ~!

v-335京さま
そっか~京さんはいつもJALだったのね。
そうそうホント一緒に機内に乗れればいいのにね。昔は小型犬は乗れてたのにね。
何でダメになったんだろ~。
犬アレルギーの人がいるから?うるさく吠えた犬がいたから?
確かに暑さや環境変化に弱い犬種はいると思うけど、今回のJALのやり方はいかがなものかと。
例えば、フレブル、ブルが本当にそういう体質で今の輸送環境では危険性があるというのなら、それに対応しうる環境を対策中だからそれまでは一時的に預かり中止とか、夏期のみ中止とかという方法もあるのではと思います。
そうじゃないとホントに京さんのおっしゃる通り身体の弱いお年寄りや、お子ちゃまも
乗っちゃいけないってことになっても不思議じゃないよね。

v-285あやさま
こちらこそ長いブログにおつきあいいただきましてありがとうございました。
なんか書いてるうちにどんどん長くなっちゃって(笑)。
私も昨年ビスコちゃんのことを知ったのは、かみやんと北海道旅行に行く直前だったので、もびっくり。人ごとではありませんでした!
多分犬を飼ってない方にとっては、何を犬のことでこんなごちゃごちゃ言ってるのか?って思われるんでしょうが、飼い主にとっては切実な問題ですよね。
たとえ飛行機に乗せるつもりがなくても、ペットを飼っている方にとっては、やはり考えてしまう事件ではないでしょうか。
こんなことがまかり通っているようではいつまでたってもペットはしょせん犬畜生みたいな考えの国のままですよね。
別に動物愛護の観点にたってなんてつもりもないのですが、思わずそんな風に思ってしまいます。
ちなみに競馬馬なんかを輸送する時は、こまめに温度調節するみたいですよ。
払うお金の違いってことですかね!?
でも犬にだってきちんとお金払って乗せてるんだから、もう少し正しい情報や誠意がほしいですよね!

v-256rubyたま
もうフレンチブルとかになると思わずお嬢のこと思い出して人ごとじゃなくなるのよ(笑)!
そう、ホント臭いものには蓋してるよね~。
お嬢の生活拝見させていただいてて、暑さ寒さに弱いこともわかるんだけど、たとえばJALだって夏期はご遠慮くださいとか、環境が整えられるまで一時中止とかできるじゃん!
だってフレブル、ブルがダメな環境だったら他の犬だって安心できたもんじゃないよね。
そうそうさすが元親方日の丸で、7つも組合があってもめてる会社はなんだかな~って思うよね。
そりゃそんな中で一生懸命やってる人もいるんだろうけどさ。
うんうん、まず私たち飼い主がみんな成長してちゃんと躾のできた犬ばっかにになって一緒に機内にのって旅できるようになりたいよね!!

bonbon:2007/07/07(土) 01:47:32 | URL | [編集]

v-286こんにちは~。

昨年のビスコちゃんの事故、ショックでしたね。今でも記憶が鮮明ですが、もう1年になるんですね・・・。

ウチは日本に連れて帰るのに飛行機しか手段がないので、(しかもJALだし・・・)心配です。

今からでもJALに問い合わせて入念な下準備をしておきます。って言っても、最終的には航空会社にお任せするしかないんですよね・・・。心配・・・・。

bonbonさん、いろいろ調べて下さってありがとうございました。

saffron:2007/07/07(土) 02:52:22 | URL | [編集]

v-485sora-mamaさま
いやいやsora-mamaさんが教えてくださったから、調べよ~って思ったんですよ。
臭いものに蓋はやめてほしいよね~。
JALなんてペットとお出かけサービスって言って大々的に売り出して、それも売り上げアップの手段としてるんだから、もっと考えてほしいよね。
だってペットとお出かけサービスを見つけた時は、やったね~これでどこでも一緒に行けるんだ~って思いましたもん。
その実態はコレ?って感じですよね!

v-298来夢瑠ママさま
うんうんそうなんですよ。
私たちにとってはペットは大切な家族であり、航空会社にとってもペットはお金いただいて乗せてるんだから大事なお客の一部のはずですよね。
そうちゃんと考えていたらビスコちゃんの時ももっと違う対応ができてただろうし、今回の決定だって無期中止ではなく違う方法を模索できたのではと思います~。

v-301Oceansさま
え?ANAの国際線は他の犬種もダメなの?!
アメリカは機内に持ち込める犬もいるんだ~。
そうよマミィぜひ見学してきて!
見学だけじゃなく、実際ペットがいれられるところでフライトしてみてよ!
え?お前がやれって?(笑)
ホントやってみたいよ。ボクサーぐらいが入れるバリケンなら入れるからさ~!

v-324yummyyummyさま
ええ~川島なお美は一緒に乗ったんかい!?
あのハワイに連れて行ってたやつかしら?
きっと海外の航空会社なんでしょうね~。
JALもペットとお出かけサービスってやるぐらいだったら、客室の一部をつぶしてでもペット室を作って、飼い主が見に行けるようにしてくれればいいのにね。
お金が多少高くなっても、JALなら安心してペットとお出かけできますっていうんだったら、利用客はいると思うよ~!

bonbon:2007/07/07(土) 11:52:23 | URL | [編集]

e-343yukiyoさま
なんとニュースでもやってたんですか?
ペットに関する世間の関心も高くなってるんですね。
そうフレブルってそういう問題はあるんだと思いますし、きっと飼い主さんだってそれをご存知の方も多いはず。
でもね~どうしても飛行機に乗せなきゃいけない場合もあるでしょうし、例えばその子たちでも大丈夫なようにJALも努力してることを示してくれるとかね~、って思っちゃうのです。
馬はすごい管理体制のもと運ばれるんだから、技術的には無理じゃないと思うんですけどね~。お金さえ払えば!?(笑)

e-404あこさま
え~妹さんところのフレブル亡くなっちゃったんですか。4月に家で熱中症で亡くなるなんて妹さんだって思ってもみず突然のことだったんでしょうね・・。
お見舞い申し上げます。
確かに弱い犬種、しかも個体差もあるんでしょうね。
飛行機に乗せる乗せないは飼い主が判断するしかないですよね。
でもJALももう少しどうにかならんか?なんないならペットとお出かけサービスってうたうのやめてって思っちゃいます~。

e-78らいぐれさま
そうそう人間が耐えられないようなところに犬が耐えられないだろって思うんですよね。
ましてや弱い犬種の子は。
何も人間並みにシートを用意して、リクライニングできてとまでは言わないから(笑)、空調とかはしっかりしてくれって感じですよね。
ペットとおいでかけサービスなんだからさ~!
それで初めて乗せるか乗せないかは飼い主の判断だと思うんですけどね~!

e-241saffonさま
も~ホント思いましたよ。とりあえずリストにミニピンってなくてよかったって!!
だっていろんな航空会社の飛行機が飛んでる所ならともかく、インドからの直行便だとJALかエアインディア位しかないでしょ?
エアインディアはもっと心配かもだし、経由して帰ってくるのはもっと時間もかかって大変だろうし。
もしランちゃんがフレブルだったらも~大変なことですよね。
JALはそういう方たちのこと考えてるのかな!?ごくごく少数だからほっとけ~って感じ!?
ランちゃんも短毛で暑さや寒さに弱そうだから心配ですよね。
saffronの帰国日までに少しでも環境が良くなっていることを願わずにはいられません!

bonbon:2007/07/07(土) 12:38:00 | URL | [編集]


死んだのってビスコだけじゃないですよね。
ミクシィでも殺された飼い主が悲痛の叫びを
公開してましたし、、、

あれから1年近く 放置して
突如 預かり中止

一体何匹の犬を殺したんだろう・・

『沈まぬ太陽』時代からJALは
なんらかわってないという感じですかね。

今回の事件で一生JALには乗らない事に
決めている私です。

私も記事かいてます
TBできなかったのでコメントします。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/12384/2613422#2613422

えん:2007/07/07(土) 17:30:26 | URL | [編集]

えーっと。ちなみに。
体の弱いお年寄りや病気の子は
基本的に搭乗できません。
妊婦さんとかもね。
お医者様の承諾書がないとダメとか
重症の方には、お医者様が同乗されないと
ダメとか。色々ありやんす。
だって、本当に危険な乗り物なんだもの。
事故率は低いけれど、体には良くない。
スッチーのお姉さんが、肌が乾燥でボロボロに
なってしまうのもそうだし。
静電気もすごいしねぇ。
なんたって、何かあってもすぐに止まれないし。
それだけリスクの高い乗り物であることには
間違いないと思います。
あたしゃ飛行機が大嫌いだったしー。

Ocean:2007/07/07(土) 23:07:00 | URL | [編集]

v-300えんさま
はじめまして!
私も以前「沈まぬ太陽」を読みました。
あれが書かれてもう15年は経ってると思いますが、それ以降、良くなるどころかどこいっちゃってるのJALじゃないでしょうか?!
あの当時で組合が2~3でもめてるのに、いま7つですって。
そんな会社どこにあるのでしょう!?
そんな内紛が続いてるようじゃあペットどころか、人間も安全に運べるとは思えません。
ペットの死はその一端ではないかと。
私も仕事の都合上どうしてもって時以外はJALに乗りません。
TBできませんでしたか!?ごめんなさい。
後ほどお尋ねさせていただきますね。

v-233Oceanさま
妊婦さんとか新生児の乗れる基準も医師の診断書がいるとかも航空会社によってまちまちだよね。
私の友達は妊婦で帰国して産んで、まだ首もすわってない子連れてネパールに帰っていったよ~(笑)。
ま、それも本人の判断によるからきっと体に自信がなければ乗らないと思うしね。
え~私実は飛行機自体は大好きなの~。乗る前も乗ってる時もワクワクうきうきだもん。
見るのも好き~。
さすがに12時間もエコノミーで乗ってれば、もうやだって思うけど、5~6時間なら、え?もうついちゃったの!?ってがっかり。
私って変かな!?

bonbon:2007/07/08(日) 02:18:26 | URL | [編集]

bonbonさん
たびたびコメント失礼します。


こちらこそすみません。
TBできなかったのは確実に
私の使っているブログツールDoblogにあります。
NTTデータのブログツールって
ホントにどうしようもないんですよ・・ (-_-;) 

お騒がせしました。

ところで、、 あんだけ不毛だった
会社3つの労働くみあいの内紛・闘争

あれから15年
よくなってるどころか、、
今は7つに割れたなんて、、(爆)

 ( ̄□ ̄;)!! 

ワンちゃんだけじゃなく
何時人間が大量に殺されても
おかしくないですね。オソロしすぎです。

えん:2007/07/09(月) 22:06:45 | URL | [編集]

v-22えんさま
そ~なんですよ。
私もたまたま組合が7つに別れてるって知って愕然!
闘争がいそがしくって、他のことやってる場合じゃないんでしょうかね!?
そんなことしてるようじゃ改善は望めないかも。
沈まぬ太陽ももう沈んじゃいますよね~これじゃあ。

bonbon:2007/07/10(火) 10:44:10 | URL | [編集]

bonbonさん
勝手にTBしたのにわざわざうちのblogにコメントまで残していただいてありがとうございます。
うちの子達との旅行のきっかけにも使わせていただいています。。。これからもかみやんとふぁーちゃんの活躍を楽しみにしてます。

相方:2007/07/10(火) 13:42:49 | URL | [編集]

e-345相方さま
いえいえ、こちらこそありがとうございます!
リンクまでしていただきまして。
私もウィルキンソンくんととハートランドちゃんを覗きにまた遊びに行かせていただきますね!

bonbon:2007/07/11(水) 00:35:16 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

JALの対応につき


「黒犬がゆく」さんのページをみて、初めて知りました。JALが「特定犬種(フレンチ・ブルドッグおよびブルドッグ)お預かり中止に関するお知らせ」をリリースしたとのこと。く~たんも、羽田-福岡間を旅行したこと

2007/07/06(金) 20:11:10 | く~たん日記

JAL特定犬種の預かりを中止


普段からよく拝見している「黒犬がゆく」様(勝手にリンクさせていただいている上に、トラバまですみません。。。)の記事で知りました。(それを教えてくれた人にも感謝です。)JALから「特定犬種(フレンチ・ブルドッグお

2007/07/09(月) 14:55:14 | Wilkinson&Heartland

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。